Shall we enjoy your best motor-recreation.
 Please get to pleasure in your heart.
 so we will be join somewhere little by little. 
 

 

 

 

モトクロッサー(KTM)どれどれ

 KTMの4ストロークモトクロッサー350ccは、日本でのレギュレーションの選手権大会は有りませんが、 モトクロスを趣味する方にとっては、どい言った存在なのか気になりますよね。

 この350は、4ストロークの450よりもパワーは小さく、2ストロークの250ともパワー小さいですが、 4ストロークの250よりもパワーは有ります。 また、2ストロークの150よりもパワーの出方はフラットと予想されるので、2ストロークの150に近い存在で、ややコントロールしやすいマシンと言えます。 2ストロークの250は、4ストロークの450よりも加速・パワーは大きくプロフェッショナルのライダーでも 、かなり体力的・テクニック的にも過酷な存在です。

 しかし、4ストロークの450は、2ストロークの250よりも、いくらかパワーの出方がフラットなので、 体力面そして、雨天でのトラクションのコントロールがしやすい事から、競技で4ストロークの450を選択するライダーが多い様です。
 そして、4ストロークの350は、競技にはあまり関係のない車両ですが、 2ストロークの125や4ストロークの250よりもパワーのあるマシンを選択したい時に役立つ事でしょう。 4ストロークの450や2ストロークの250で走るには、モトクロスコースが狭すぎたり、マディコンディションの時にパワーは小さい4ストロークの350の存在を考慮すべきです。 あるいは、タイトなコーナーリングやジャンプ着地後のコーナーリングの連続など、または、初めて走るモトクロスコースで普段は、 4ストロークの450や2ストロークの250で出場しているライダーが、その不慣れでタイトなモトクロスコースに短時間で慣れる為に選択するマシンになりそうです。

" Let's enjoy your motocross !! and Best choice your machine !! "

モトクロッサー(KTM)どれどれ②

 レクレーションとしてモトクロサー(競技専用)でモトクロスコース走行を楽しみたい場合、いったいどのマシンを選択すべきなのでしょう。
子供の場合、50ccか65ccになります。(競技に出場したい場合は85cc)
成人の場合は、65ccか85ccになります。(この場合は、大人は競技に出場できません)
(KTM65cc SXは原付の約2.5倍のパワーがあります。)

 オフロードの場合、オンロードと比べてかなり排気量が小さくなりますが、直線距離もかなり短いのでオンロードほど直線で追い抜く機会は少ないと思います。 オフロードの場合、コーナーリング直後にジャンプがあったり、ジャンプしてすぐにコーナーリングが有ったりと、 連続ジャンプ、コーナーリングと、わりと直線が少なく短いので、ハイテクニックのコースでは、大きな排気量で走ると、ビギナーにとって、 マシンコントロールが難しくなる場合が多いでしょう。

" Let's try to step by step from easy !! "

2気筒エンジンの官能 バイク
twin-engin comfortable motorcycle

(モトクイロスについても記載しています。↑)

レースベースマシンが欲しい時(ロードバイク)

 公道走行可能なロードバイクmotorcycleで、鈴鹿8時間耐久レースなどで活躍しているレースベースマシンにする事が可能なマシンが欲しい場合は 一体何に注目しなければならないのでしょうか?
ファクトリーチームのバイクメーカーのベースマシンは、プライベートチームが使用しているマシンとは違う事が多いので、 そのようなファクトリーチームが使用しているファクトリーマシンは一般市民には供給がありませんが、プライベートチームは、基本的には、 市販車を用意して、所属のレーサーがコントロールしやすくかつレースで勝てるマシンに仕上げています。

 そこで、鈴鹿8時間耐久レースで活躍しているレースベースマシンに仕上げる事が可能なmotorcycleを手に入れたい場合は、 プライベートチームが使用しているマシンに注目すべきです。
 では、プライベートチームが使用しているマシンを知るには、どこから情報を入手するかは、 ロードレース雑誌が一番手っ取り早く正確に分かると思います。
レードレース雑誌には、ロードバイク全日本選手権での結果(リザルト)が、雑誌の後ろの方に記載されていますので、そこに注目しましょう。

 レースベースマシンに仕上げるとは、一体、行動走行可能なマシンと何処が違うのでしょうか。
まず、ミッションを交換します。ここで言うミッション交換とはスプロケットの交換を意味するのではなく、ミッションボックスを丸ごとassemblyで交換する事で、 だいたい80~100万円かかります。(基本的には外車はその必要はありません)
そのほかには、吸気・排気系、サスペンション、タイヤ、選手の好みで逆チェンジペダル(バックステップキット)が、大まかにベースマシンに仕上げると言う意味になってくると思います。

 では、レースベースマシンに出来ないマシンとレースベースマシンに出来るマシンの問題は、自動車で言うと、どれくらい違うのかと言うと。
スカイライン(Nissan)の場合、GT-Rか、そうではない車両(NAやターボくらいの違いではない)ほど、かけ離れている場合が多いでしょう。 GT-Rと言えば、ポルシェなどと一緒にレースを競うマシンです。